高校生支援事業

 
 
 
 

株式会社COFFISOは、就職活動をする高校生が「自分のやりたいこと」
「自分はこれからどうなりたいか」を見つけられるようにサポートしていきます。

COFFISOの高校支援

 
 
COFFISOは若手人材が活躍していく世の中を実現していく為に、高校生の就職を支援させて頂いております。
今の高校生は以前と比べ、進学より就職を考えている学生の人数が年々増えており、今では約18万人の巨大マーケットになっております。
しかし、あまり皆様に知られていない理由が、大学生の就職活動とは打って変わり、高校就活は様々な厳しいルールがあります。
高卒者の3年以内の離職率が40%に近い実態を調査して行くと、単なる能力の問題だけでなく、こうしたマッチングの課題が一番の課題だとCOFFISOは着目しました。高校生が世の中で活躍していける環境、夢をもって働ける環境を作り、高校就活をより良いものにしていきます。

 
 

各企業様へのサポート

学生に自社の魅力を求人票ではなかなか伝えきれない。




求人票の制作サポート



ハローワークへの申請をする上で様々なルールが御座います。御社の魅力を最大限に出せるノウハウをご提供させて頂きます。

 
会社概要や基本的な情報は記載されているけれど、社風や社員の情報は記載されていないから中々イメージがつかない。





 

会社ではなく、社員の方にスポットを当てたオリジナルの求人票を作成しています。
どんなやりがいをもって働かれているのか、どういうキャリアパスを踏んでいっているのか社員の方の生の声の情報を記載し、より拝見していただきやすい求人票です。


学校にPRをしていきたいが回る人&時間が無い。




学校へのPR訪問



弊社の学校訪問担当が御社の求人票を学校に足を運んでお届けし、生徒さんに見て頂けるようにしていきます。

 
高校生には中々自己分析や業界研究をする機会がなく、なんとなく企業選びをしてしまったり、そもそも自己分析や業界研究の仕方がわからないという声が多いというのが実際に問題となっています。




 

自分の過去を振り返り、今まで選択してきた道を深堀し、どういう時にモチベーションが上がり、どういう風に乗り越えてきたかなど自分の過去を振り返るセミナーや、業界研究のやり方をセミナーでお話させて頂いてます。


高校生採用にはルールが多すぎてやり方がわからない




高校採用の基盤つくり



高校生の就職活動では、合否のやりとりや面接質問などに様々なルールがあり、ルールに沿った上で御社の選考ができるようにコンサルティングさせて頂きます。

 
高校就活では様々な厳しいルールがあり、企業比べができなかったり、社員の方との交流が少ないなど、働くイメージが中々わかない。また業界業種を知らないまま、求人票を見ることで応募前見学に行く企業を手当たり次第に行くことになる。




生徒が直接企業と関わり、その業種·業界の人はどんなやりがいをもって働いているか、どんな働き方をしているのか、社内環境や社風·人を身近に感じてもらう、「人」にスポットをあてたイベントを学内で開催しています。