助成金とは

雇用保険が財源
業種を関係なく受給できる
返済は一切不要

助成金とは、融資とは異なり、返済義務の必要がない資金を指します。

申請種類になると20~40種類と幅広い助成金を利用する事が可能です。 

なぜ、厚生労働省がこういった助成金を交付してるかと言うと

【失業の予防・雇用機会の増大・労働者の能力開発等】を図る意図があります。

財源が雇用保険になりますので、助成金の受給が可能となってくる企業対象が、

今皆様が加入されてる【雇用保険】に加入されていればOKです!

川上社労士事務所

確かな実績の社労士が担当します!


当社と提携させて頂いている川上社労士事務所は年間400件超の助成金申請を行う助成金アドバイスのプロフェッショナルです。

助成金専属の社労士も在籍しているので御社の助成金申請をスムーズに行うことが可能です。

また申請に関する不安点、メリット・デメリットについても的確に、丁寧に対応して頂けるので当社で申請をされたお客様に喜んで頂いております。

取り扱い助成金

当社では主に2種類の助成金を取り扱っております。

 

助成金名 概要 受給金額
キャリアアップ助成金 正規雇用転換(1人) 570,000円
健康診断制度コース(1法人) 380,000円
人材開発支援助成金
セルフキャリアドック制度 475,000円
職業訓練休暇 475,000円

キャリアアップ助成

正社員化コース

・有期契約労働者を正規雇用労働者・多様な正社員の転換または直接雇用した場合に支給される助成金。

 (1年度1事業所あたり15人まで)

・助成額

 有期→正規:一人あたり57万円

 

健康診断制度

・法律では義務付けられていない、有期契約労働者を対象とする健康診断制度を規定し、延べ4人以上実施した場合に助成される。

対象

有期契約労働者が4人以上いる事業所が対象

助成額

 有期→正規:一人あたり38万円

・支給までの期間

約半年間

人材開発支援助成金

 

・セルフキャリアドッグ制度助成金

・一定の要件を満たしたセルフ・キャリアドッグ制度を導入し、適応

 した場合に助成

・教育訓練休暇等制度

・教育訓練休暇制度または教育訓練短時間勤務制度を導入し、適応した場合

 に助成

・助成額

各コースにつき47万5千円

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金は有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者(以下「有期契約労働者等」という)の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成をするものです。

※厚生労働省ホームページ参照

人材開発支援助成金

人材開発支援助成金従業員のキャリア形成を効果的に促進するため、雇用する従業員に対して職業訓練などを計画に沿って実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部を助成する制度です。

※キャリア形成支援サイト

申請から受給までの流れ

キャリアアップ助成金

        

人材開発支援助成金

必要な作成書類から助成金の申請まで全てをサポートさせて頂いております。

今まで申請したけど受給できなかったなどございましたら当社にお任せください!